あまあまホラー第4話をUPしました

前回の第3話と繋がった話になっています。
今回は、黎人の体に憑依した美青年の霊がハッスルする話……ですが、そこはコメディです。怖いことにはなりません。笑

ホラーといえばホラー映画ですが、霊感の強い方(直接面識はないですが知人の友人)いわく、ホラー映画を観ていると中には「これは本当に霊感ある人が作ったんだろうな。凄い分かるわこの感じ」という、『霊感持ってる人だけが分かるあるある』があるそうです。怖い思いはできればしたくありませんが、そういう感じが分かるのってめちゃくちゃ羨ましいです……!

最近アマプラで見たホラー映画で「ドント・ヘルプ」というものがあるのですが、これがとても怖かった。
内容はエクソシスト的な「女の子に悪魔が憑依していて」という話なのですが、この女の子(10~12歳くらいかな?)の演技が物凄く上手い。

少女の中にいるアモンという悪魔は、対象の知られたくない秘密や過去を暴いて精神を操ってきます。少女の口を借りて主人公たちの心の闇を淡々とバラして行くのですが、そのシーンがとても怖くて上手かった。表情とか喋り方とか間の取り方とか。もう絶対勝てないなって感じで。

だいぶ古いゲームですが「ドラッグオンドラグーン」で、少女マナがヒロインの心の闇を次々暴露していくシーンを思い出しました。そんな不気味~な、イヤ~な感じのホラーがとても好きです。
私なんて人に知られたくない秘密がいっぱいですよ。笑

そんなこんなで、最近はサイトに載せている話やお仕事の分とは別に書きたい話が色々あり、やりたいこともたくさんあるのに腹は減るしすぐ眠くなるというイヤ~な感じが続いております( ;∀;)

最近はだいぶ暖かくなってきましたが、季節の変わり目。皆様お体壊さないよう気をつけてくださいませ!
(*’▽’)ノ